わきがというのは、腋の下から出た汗が皮膚からでる皮脂と交じり合うことで強烈な臭いを発生させる症状のことをいいます。

しかし、わきがというのは病名ではなく、腋の臭いがキツイということを総称しているだけなのです。

事実、もともと体臭がキツイ、欧米人などにはわきがという認識もありませんし、腋からの臭いの総称などもありません。

清潔好きの日本で、しかも、湿度が高いので臭いがこもる傾向があるのでしょう。

実際に、食べるものや清潔状態によって体臭、特に汗を多くかくことになる腋の臭いがまったくしないということはないのです。

ですから、臭いが強烈で自分はわきがだと思っている人でも、周りの人はまったく気がついていないということもあります。

また、逆に自分のわきがの臭いにはまったく気が付かず、周りの人が気を使ってなにも言わないまま生活している人もたくさんいるのです。

日本では誰かに直接、「あなたはわきがですね」ということはありません。

せいぜい「ちょっと汗臭いね」程度の表現に抑えられるのです。

ですから、まず自分の汗の臭いを冷静に判断する場合には、専門の皮膚科などで診察してもらうのがオススメです。

※ここでいろいろなわきがの関係性がわかります。

臭いがキツイ、体臭が強いと言われたら、お風呂やシャワーを浴びる回数を増やす、汗を衣類に染み込ませないなどの対策が必要となります。

臭いを匂いで消すという方法は状況を悪くする場合が多いので、特に汗の臭いが強い人は絶対に避けましょう。